1. ヤマキの「割烹白だし 焼きあご仕立て」
まろやかで上品、あごのだし。
割烹白だし焼きあご仕立て
割烹白だし焼きあご仕立て

国産焼きあご”の
上品な甘味とコクが
素材の味を 引き立てます。

「割烹白だし」に比べてあとにのびるうま味が特徴!
うま味がのびる

割烹白だし 焼きあご仕立て
紹介動画

おすすめレシピ

「国産焼きあご」の
上品な甘みとコクが感じられ、
“だしのうまみ”が引き立つ料理におすすめ!
いつもの割烹白だしと
ひと味違う味わいが楽しめます!

プチ豆知識

“あごだし”とは?

「あご」はトビウオのこと。

九州地方を中心に西日本ではトビウオのことを「あご」と呼び、料理のだしに使用しています。

煮干しやかつお節に比べ、上品ですっきりした甘味とコクが特徴で「あごが落ちるほどにおいしい」から呼ばれるという説も。
だしの中でも高級品として扱われ、お祝い事や記念日の料理に役立てられてきました。

料理との相性のよさは抜群。

長い胸ビレを広げて海上を飛ぶトビウオは、脂肪分が少なく引き締まった体を持ちます。高たんぱく質・低カロリーの身からとれるだしには雑味が少なく、さまざまな料理に合うと西日本で広く使われています。

お肉や魚はもちろん、だしのうま味がしっかり染み込む野菜の煮物にもおすすめです。

割烹白だし 焼きあご仕立ての詳細はこちら