ヤマキは自然の味を大切にします。
文字サイズを大きくする文字サイズを小さくする
厳選されたかつおぶしで作る、美味しいかつおぶし、だしのレシピをチェック!

贈り物、縁起物にかかせない理由 祝い事になぜかつお節?

「かつお節」が結婚式の引き出物に使われる理由

かつお節はカツオの身を真ん中で切り分けて作ります。この切り分けた身の背中側を「雄節(おぶし)」、お腹側を「雌節(めぶし)」といいます。
雄節と雌節を合わせるとぴったりと綺麗に合うことから「鰹夫婦節(かつおぶし)」とも呼ばれ、「仲むつまじく幸せな夫婦になるように・・・」という願いをこめて、かつお節が贈られるようになったと言われています。
また、雄節と雌節を合わせた形が「亀の甲羅(こうら)」に似ており、亀が長寿の象徴であることから、おめでたいことの印とされたようです。

ほかにも、鼻と呼ばれる頸(くび)のあたりの肉を大切にすることから、その部分を梅の形に削り、表面の黒い皮を松の緑に、削った肌に残る縞(しま)を笹の模様、つまり竹になぞらえて松竹梅に見立てたという説もあります。

松竹梅は鶴亀などと同じようにおめでたい席で使われるものであることから、引き出物にも使われるようになったそうです。


武士の縁起かつぎに使われた理由

昔から日本人に親しまれてきた「かつお節」。現在のかつお節とは製法が異なるものの、古くは日本最古の歴史書である「古事記」の中にも、「堅魚(カタウオ)」としてその記録が残されています。

武士の時代になると、戦(いくさ)での勝利になぞらえて、「かつお節」 を「勝男武士(かつおぶし)」という漢字にあてがい、縁起かつぎの品や戦勝の報奨品として用いたともいわれています。

また、縁起がいいだけでなく、おいしくて栄養価も高く、長期の保存に適していたかつお節は、武士のエネルギー源として「携帯用保存食」にも広く活用されていたようです。


おめでたい席にかかせない理由

今でもかつお節は、「勝男武士」や「勝つ男」などの威勢がよい名前になぞらえて、いろいろなおめでたい席で使われています。

元気な子に育つようにと「出産祝い」や「端午の節句」の内祝い、「勝つ魚」に由来して、「七五三」や「入学祝い」、さらには病気が治った人に贈る「快気祝い」など、さまざまなおめでたい場面の贈りものとして用いられています。

  • 日本近海一本釣り鰹 高雅
  • 大切なあの方へお届けします ヤマキのギフト商品

このページの先頭へ