1. だし・かつおぶしのヤマキTOP
  2. プレスリリース
  3. めんつゆレシピサイト『TSUKE LAB.(つけラボ)』 2016年3月24日(木)オープン

プレスリリース

“めんつゆは麺だけじゃない。” めんつゆの漬けメニューで、「常備菜」や「作り置きおかず」を提案
めんつゆレシピサイト『TSUKE LAB.(つけラボ)』 2016年3月24日(木)オープン

2016年3月24日

PDFファイルで表示PDF

ヤマキ株式会社(本社:愛媛県伊予市 代表取締役社長:城戸善浩)は、めんつゆの新たな可能性を提案する 
情報サイト『TSUKE LAB.(つけラボ)』(https://www.yamaki.co.jp/tsukelab/)を開設し、2016年3月24日(木)より公開します。 
 
■『TSUKE LAB.(つけラボ)』とは 
『TSUKE LAB.(つけラボ)』は、「めんつゆは麺だけじゃない。」をコンセプトに、めんつゆの“漬けメニュー”を提案し、ヤマキめんつゆの新しい可能性を探るサイトです。 
 
 めんつゆは一般的に麺料理に使うものと思われがちですが、さまざまなレシピに活用できます。中でも、『TSUKE LAB.(つけラボ)』では、めんつゆに漬けるだけのレシピを紹介。スキマ時間や休日に作り置き可能な常備菜を提案します。 
 
ヤマキでは、鰹節屋ならではのだしのうま味の効いた「めんつゆ」だからこそ食材の持ち味を活かすことができる“漬けメニュー”を提案することで、めんつゆの使用機会を広げ、日々の食卓を楽しくします。 
 
 
■『TSUKE LAB.(つけラボ)』の活用法 
食材に合わせて漬ける時間、合わせる調味料によってバリエーションが広がります。 
 
①さっと漬けておいしい常備菜 
お刺身や旬の野菜をさっと漬けるだけで、だしのうま味を含んだ彩りキレイな一品に。 
 
②ひと晩寝かしておいしい常備菜 
お肉や根菜、乾物などじっくり漬けておくだけで、手間いらずのごちそうレシピに。 
 
③めんつゆ×調味料で広がる常備菜 
オイルやはちみつ、酢などおウチにある調味料を組み合わせればバリエーションが豊かに。 
 
④漬けておくと便利なおかず 
肉や魚をめんつゆに漬けて下準備しておくと、いざというときの便利なおかずに。 
 
 
■ヤマキの「めんつゆ」とは 
かつお節からこだわり、特長の違うかつお節をブレンドし使用しています。 
削りたてのかつお節から取った一番だしに独自の「熟成かえし」を合わせ、より高いだし感とまろやかな味わいに仕上げた2倍濃縮のつゆです。 
内容量:400ml 
標準小売価格:380円(税抜) 

プレスリリース

新着情報


  • ヤマキの想い
  • ヤマキの削り節 ブランドサイトへ
  • めんつゆ ブランドサイトへ
  • 割烹白だし ブランドサイトへ
  • 鍋つゆ ブランドサイトへ