企業情報

企業情報 新卒採用情報

採用担当より学生の皆さんへ

各部門ごとの社員インタビューをご覧ください。

生産系

生産効率の向上や新製品の生産技術開発に取り組んでいます。

小林 理人

品質の高い商品をいかに効率的に作るかを考えています。 小林 理人ヤマキ㈱ 群馬事業所

2011年3月
高崎商科大学 流通情報学部 卒業
2013年4月
入社 群馬事業所 配属
現在の仕事内容
小袋つゆ(液体)の現場オペレーターとして液体の殺菌、小袋への充填・包装、商品出荷までの作業を中心に行っています。食品にとって大変重要となる品質に関わる業務であり、日々責任を持って業務遂行にあたっています。
入社を志望した理由は?
地元群馬での就職を希望していたところ、かつお節のトップメーカーであるヤマキが群馬事業所を竣工させました。興味を持ち調べてみると100年続いている企業であることが判り、自分もその伝統の仕事に携わってみたいと思ったことが入社の動機です。
仕事のやりがい
お客様に商品を提供する中で、生産現場での機械の調整や技術によって商品の良し悪しが決まってきます。常日頃、決められた時間の中でいかに品質の高い商品を効率よく生産するかを考え仕事をする。そしてそれが結果として出たときや、生産現場として達成できた時に大きなやりがいを感じます。
学生に向けてメッセージ
自分が学生の時はやりたいことも漠然としていて、これがやりたい!というものがありませんでした。自分でいろいろ興味を持ったり知ったりしたつもりでも、まだまだ知らない世界が沢山あると思います。その中で自分が活躍できる会社を自分で決められるよう、視野を広く持って、多くの業界や業種の情報収集をして決断してください。

ある日のスケジュール

8:00 出社
朝礼にて当日の生産計画や情報を共有
8:10 メールチェック
お取引業者様や他部署からの連絡事項をチェック
8:20 ライン稼働
生産ラインの立ち上げ(始動)、現場管理・オペレーター業務の遂行
製品の状態・ラインの稼働状況の把握を行います。
11:00 打合せ
新商品開発打ち合わせ、新商品の規格等についての会議を開発部門と連携して行います。
液体の性質や具材を考慮し、生産機器での支障がないか、適正に生産できるかなどを確認し合います。
15:00 事務作業
ここで、メールのチェック・業者様への連絡・勤務表の作成などを行います。
部品関係購入のお見積もりを依頼したり、書類の作成など現場ではできない作業を中心に行います。
16:30 翌日の準備
翌日の生産計画を確認し、使用する書類の印刷や包材等の準備を行います。
また会議等の予定や内容の確認をします。
17:00 退社
その他の先輩社員はこちら

  • 割烹白だし
  • ヤマキの想い
  • ヤマキの削り節 ブランドサイトへ
  • めんつゆ ブランドサイトへ
  • 3割烹白だし ブランドサイトへ
  • 鍋つゆ ブランドサイトへ
  • Youtubeヤマキ公式チャンネル