企業情報

企業情報 新卒採用情報

採用担当より学生の皆さんへ

各部門ごとの社員インタビューをご覧ください。

生産系

生産効率の向上や新製品の生産技術開発に取り組んでいます。

工藤 樹一

機械の調整・メンテナンスを行っています! 工藤 樹一ヤマキ㈱ 愛媛事業所 第二工場

2018年3月
北里大学 獣医学部動物資源科学部 卒業
2018年4月
入社 愛媛事業所 第二工場 配属
現在の仕事内容
第二工場のレトルトラインの立ち上げ・管理を主に行っています。
工場も常に稼働しているわけではないので、製造を開始するために準備する必要があります。機械の動作確認や洗浄等、準備ができれば実際にラインを稼働させます。ヤマキでは食品を製造しているため、常に製品に安全性が求められます。そのため不良品が出ないようにライン稼働中の製品検査等を行い、高い品質を維持できるようにしています。その他では資材のロスやライン稼働の停止を減らすための機械の調整・メンテナンスを行っています。
入社を志望した理由は?
人を支える「食」に関する仕事につきたいという想いがありました。
そのなかでも和食に深くかかわるかつお節・だしを商品として扱っているヤマキを選んだのは、和食を守りたかったからです。現在和食は世界から注目されていますが、国内の食卓では並ぶことが少なくなっていると思います。しかし各家庭に代々伝わる食事はやはり和食だと思うので、それを守りたいと思いヤマキを選びました。
仕事のやりがい
以前はできなかった機械の調整ができるようになり、資材のロスや機械のトラブル停止を大きく減らせると自分の成長が実感できます。
またスーパーなどで自分の作った商品をみると、実際にお客様の手に渡ることが改めて実感でき、やりがいと喜びを感じます。
学生に向けてメッセージ
学生の間だからできることもたくさんあると思います。そのようなことを経験しているとその後の人生もきっと役に立つと思いますので積極的に行動してください。就職活動もその一つだと思います。最後まで悩んで悔いが残らないよう頑張ってください。

ある日のスケジュール

6:00 出社(時差出勤)
ラインの稼働がほかの人たちの出社に間に合うよう、早く来てラインの立ち上げ作業を行います。機械の動作確認・洗浄・製品検査が主な業務です。
7:30 製造開始
準備ができ次第ラインを稼働させます。レトルト商品は充填した後に殺菌を行うので、まずは充填機から稼働させます。製造中は製品に問題はないか注意し、トラブル対応や機械の調整を行います。
10:00 昼食
第二工場には食堂がないですが、注文したお弁当を食べることができます。
11:00 ライン管理
再度現場に戻り、担当するラインが停止することなく稼働するように管理します。午前中とすることは大きく変わりませんが、製品の検査などを行います。
15:00 退社
機械の部品や消耗品の注文がある場合は発注します。交代する人にその日起こったトラブルや調整についての引継ぎを行います。
その他の先輩社員はこちら

  • 割烹白だし
  • ヤマキの想い
  • ヤマキの削り節 ブランドサイトへ
  • めんつゆ ブランドサイトへ
  • 3割烹白だし ブランドサイトへ
  • 鍋つゆ ブランドサイトへ
  • Youtubeヤマキ公式チャンネル