仕事を知る|辻大樹|安全・品質・環境部品質保証グループ|ヤマキ株式会社

DAIKI TSUJI 辻 大樹

2005年4月入社

安全・品質・環境部  品質保証グループ

現在の仕事内容

15年間続けてきた商品開発から離れ、品質保証という新たな目線からヤマキの商品を見つめなおす

もともとヤマキには「いろいろな部署を体験しましょう」という風潮があります。私は2020年の3月までは15年間、商品開発に携わってきました。この春からは今まで経験してきた商品開発の経験と知識を活かしながら、商品の品質情報に関するお得意先への提出書類の作成や、新商品の原材料表示に関する確認、その他品質向上に関する業務などを行っています。

media

入社を志望した理由は?

小さいころから興味を持っていた食品業界
実際にその仕事に従事してみて、その精度のこまやかさに驚かされた

小さいころから食品業界で働きたいと考えていました。その中でもヤマキを選んだのは、和食の基本であるかつお節のトップメーカーであることから、さまざまな興味深い仕事ができると感じたからです。
入社前から商品開発に関して漠然としたイメージはあったのですが、実際に仕事をしてみるとすごくこまかい部分まで検証をしたり、パッケージの何気ない部分にまで気を配っていたりして、商品を世の中に出していることが分かり、その精度のこまやかさに驚かされました。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

商品には開発者の想いが込められている
それを間違いのない、安全なものだと証明することが品質保証の役割

業務の特性上、ヤマキの商品に関する情報や食品に関わる法律などのさまざまな知識が必要になるため、毎日が勉強です。開発側からすれば新しいものを導入したいと思うのは当然。ただ、品質保証の目線に立つと、想いだけでなく、安全性や信頼性、安定供給ができるかどうかなど、さまざまなことを考える必要があります。両方のことが分かっているからこそ、身に着けた知識で問い合わせや相談をスパッと解決できた時には、自分の成長と仕事のやりがいを感じます。

仕事をする上で気を付けていることは?

文字ひとつ、点ひとつにも配慮が必要
先入観を持たないこと、誤解なく、正確に伝えることを常に意識しています

お店ごとに独自のルールがあり、それぞれに違った様式の書類を持っているので、それに適したものを嘘偽りなく正確に作成していく必要があります。文字ひとつ、点の場所ひとつで意味が変わってくる世界。先入観や嘘偽りがあってはならないので、目をつぶっていても分かる情報も、1つひとつ確認をしながら、誤解の生じない書き方で記載することが大切。品質保証はヤマキがお客様から信頼を失わないための最後の砦。重要な情報を扱う部署なので、間違いが無いように注意をしています。

ヤマキの魅力を教えてください

ヤマキはだしとかつお節のトップシェア
幅広い商品と開発者の研鑽で新しいチャレンジを続けているので、どこにも負けません!

ヤマキには、「だし」「かつお節」を特徴とした商品があり、日本の食文化を支えています。例えば、かつおぶしひとつ取ってみても、枕崎でとれたものとか、おなかの脂が多い部分を使ったものといった、産地や部位など、さまざまなものを用意することが可能です。そのため、かつお節やそれを使っただしなども、他社ではできないさまざまなチャレンジが可能です。その上で、経験や知識が豊富なスタッフが日々研究を重ねています。「だし」「かつお節」なら負けません。

今後の目標は?

法律の知識を深めていきたい
品質保証の経験と知識を持って、商品開発に携わることができたら嬉しい

食品に関わることは法律が関連してくるので、お客様に分かりやすい方法で、正確に表示する必要があります。まずは法律関連の知識をさらに深め、迅速かつ正確に業務を実行できるようにしていきます。
その上で、最終的には商品開発に戻りたいという想いはあります。商品づくりは好きでしたし、品質保証で得た知識や経験を生かすことで、今までとはまた違った商品づくりができるのではないかと思います。

就職活動をしている学生にメッセージ

熱意や想いが相手の心を動かす
自分が「なぜその会社に入りたいのか」を伝えるためにコミュニケーション能力を上げてください

仕事はひとりではできません。相手あってのものです。入りたい会社の知識をしっかりと持っておくことはもちろん重要ですが、その上で、なぜ入りたいのかを伝える必要があります。複数の会社に希望を出していても「いろいろ受けている中のひとつなんだな」と思われるよりも、想いだったり、熱意だったり「どうしてもこの会社に入りたいんだな」というものが伝わった方が良いに決まっています。だから、今のうちからコミュニケーション能力の向上を心がけてください。
media

TIME SCHEDULEスタッフの一日

8:00

出社

朝一番でメールチェックを行ないます。

9:00

新商品の表示チェック

新商品のパッケージ記載の内容をチェックします。法律に関わる内容なので間違いがないように集中して確認します。パッケージには色々な法律が関係しています。

11:00

問い合わせ対応

商品の品質情報や原材料表示等について、毎日他部署から様々な問い合わせがあります。問い合わせを対応することは自分の勉強にもなります。

13:00

お得意先に提出する資料の作成

営業担当者からの依頼による、商品に関する品質情報を記載したお得意先様式の書類等を作成します。重要な書類なので集中し作成します。

15:00

提出データ・書類の整理

提出した商品の情報(データ・書類)は全て重要なものです。データは社内サーバーにフォルダ分けして保管し、書類は見やすくファイリングして整理します。整理することで仕事も円滑に進みます。

17:00

退社

その日の業務の確認、明日からの依頼対応の計画を確認してから退社します。

新卒採用サイト|ヤマキ株式会社