仕事を知る|豊田圭完|愛媛事業所本社工場製品一課|ヤマキ株式会社

YOSHIMITSU TOYOTA 豊田 圭完

2017年4月入社

愛媛事業所本社工場  製品一課

現在の仕事内容

機械と人をマネージメントし、業務を効率化させつつミスの起こりにくいフローに改善していく

カツオパック製造ラインの班長として機械と人のマネージメント業務を行っています。生産設備の調整や修理、従業員のシフト管理等を行っています。また、最近は本社工場のデジタル化プロジェクトメンバーとして過去に決められた業務フローを改善し、効率化やヒューマンエラーの削減に繋がるような改善にも取り組んでいます。

media

入社を志望した理由は?

海外の人にもっと日本食を知ってもらいたい
そんな想いを抱いたことがきっかけで、地元愛媛の企業「ヤマキ」の門をたたきました

留学や海外旅行などでさまざまな国を訪れ、食や文化に触れていく中で改めて「日本の食事はおいしい」と感じました。そして、海外の方に「日本食はお寿司だけじゃない」ということも知ってもらいたかった。そんな中で、地元である愛媛にヤマキという、日本の食文化を世界に発信できる会社があることに気づき、ここで働きたいと考えるようになりました。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

個人の経験は見て学ぶことも必要
ただ、初めて機械に触れる人でも操作できれば、スタートラインを引き上げられる

入社当初、機械についてまったく知らない中で四苦八苦していました。当時はまだマニュアルなども整備されておらず、先輩方が複雑な産業用機械を操作しているのを見よう見まねで操作し、少しずつ覚えていきました。
メンテナンスや調整、トラブルへの対応など、1つひとつできるようになっていく中で、見て覚えることも必要ですが、時短や効率を考えると業務内容をマニュアル化し、誰でもできるようにしておくことが必要だと感じることも多くありました。
今は、時代と共に会社の雰囲気も変化してきていて、新しく入った社員が働きやすい環境が少しずつ整ってきています。

仕事をする上で気を付けていることは?

機械も人もしっかりケア
現場を円滑に稼働させるため、常にさまざまな方向にアンテナを張っています

かつおぶしをはじめ、自然由来の成分は魚質などでも味が変化するため、臨機応変な対応が求められます。また、機械も人も、しっかりケアをしておかなければ後々取り返しのつかないことになってしまいかねません。
かつおパック班の班長として、作業者としっかりコミュニケーションをとることを心がけています。また、巡回していく中で生産設備の異常を発見し、部品を交換するなど、生産ラインが円滑に回るよう常に気を配っています。

ヤマキの魅力を教えてください

ヤマキを愛用してくださっている方々に今までと変わらない満足と幸せを提供するため
今まで以上に進化と努力を続けていく必要がある

ユネスコの世界無形文化遺産に選ばれた和食。その核となる「だし」をヤマキは100年以上も供給し続け、日本中にファンを持っています。今では日本だけでなく世界にもその名を知られるまでになっています。
その美味しさと幸せを今後も変わらず提供し続けていくことはもちろん、小さい袋に小容量を詰めるような「消費者に求められているけれど技術的に難しいこと」にも積極的にチャレンジし、より多くの方に喜んでもらえる商品づくりができるようにしていきたいです。

今後の目標は?

デジタル化や作業者の負担軽減
生産現場が抱えるさまざまな問題を解決し、安定稼働ができる環境を整えたいです

現場のデジタル化や作業者の負担軽減など、生産現場で求められていることを解決し、安定稼働ができる環境を整えていくことが今の目標です。その中で、今あるスキルを磨いていき、より進化させていきたいと考えています。
入社以降、ずっと生産の現場に従事しているので、開発をはじめ、生産に活かせる知識や技術が身に着く現場を一度は経験してみたいと思っています。

就職活動をしている学生にメッセージ

今までやってきたことに自信を持って!
自分にしかないアピールポイントを見つけておくことは就職活動で武器にもなります

私は小学校の全校生徒が3人しかいないような、瀬戸内海の小さな島で育ちました。その後、高校、大学で、寮生活や一人暮らしなども経験し、今では海外にもリュックひとつで出かけていけるまでになりました。
そういった、他の人があまり持っていない自分の強いところ、良いところを見つけておくことは自信に繋がります。就職活動ではアピールポイントとして武器にもなりますので、しっかりと見つけておくことをおすすめします。
media

TIME SCHEDULEスタッフの一日

7:30

出社

生産ラインの立ち上げ

8:00

朝礼

現場作業者の衛生管理チェックを行い、一日の連絡事項や生産予定を伝える。

8:10

生産開始

設備調整と製品の品質チェックで現場巡回。巡回後は事務作業を行う。

11:00

オペレーター業務

ラインオペレーターがお昼休憩に行く間ラインにて生産作業。

12:00

昼休憩

13:00

休憩後

13時から再度設備調整と製品の品質チェックで現場巡回。巡回後、事務作業。

16:30

退社 

夜勤作業者に申し送り後、退社。

新卒採用サイト|ヤマキ株式会社